どうして口内炎になるの?

口の中にできる口内炎にも、色々な種類があることが分かっています。 腫瘍の様な物ができる「アフタ性口内炎」、物理的な刺激によりおこる「カタル性口内炎」、そしてウィルスや細菌の繁殖で起こる「ウィルス性口内炎」などです。 もう少し詳しく見ていきましょう。

口内炎ができてしまったら

口内炎ができたら、はちみつを塗ったり、塩を塗るといい等言われることもあります。 先の方法には科学的な根拠はなく、どちらかというと「痛い」という気持ちを和らげるための民間療法です。 口内炎によっては、重症になると入院治療が必要になってしまう場合もあります。

口内炎にならないためには

口内炎ができると、食事や会話が楽しめなくなってしまいます。 治癒するにも時間がかかるため、口内炎はできないことが一番です。 多くの口内炎は食生活の偏りやストレス、睡眠不足などが引き金になります。 生活習慣を改善することで予防することができるのです。

おすすめリンク

堺市にある矯正歯科医院

矯正歯科治療、器具をつけると目立つから苦手!堺市にある歯科医院では目立たない矯正治療を提供。

口内炎にはいろんな種類がある

口内炎は、頬の内側や舌の縁、唇の内側等にできる炎症や水泡等の事です。
熱いものがしみたり、口の中に入れた食事が当たって痛かったり、すごくイヤな病気の1つです。
10代から60代までの方を対象に調べたところ38%、数にしてなんと約3000万人もの人が経験しているというのです。
どの年齢層でも女性に多く、また若年層に多く発祥している傾向がみられます。
原因としては、物を噛んでいるときに、誤って噛んでしまったり、固い食べ物などで傷をつけてしまうなど物理的に起こってしまう場合。
あるいは睡眠不足や暴飲暴食による栄養バランスの乱れ、ストレス、女性の場合は生理前のホルモンの影響等により発症する場合。
そして、細菌やウィルス感染により発症する場合と様々なことが原因で起こります。
分かっている原因だけでもこれだけあるのですが、中には原因がわからず起こる場合、他の病気の1症状として起こることもあるので、たかが口内炎と侮れない病気なのです。
食事をとるときに染みたり、傷んだりするだけでなく、しゃべりづらくなったり、家事や仕事に集中出来ないといった生活面にも影響を与えるだけでなく、病につながる可能性も秘めている口内炎。
治りが遅い、いつもと症状が違う等、気になる点があれば医師の診断を受けると安心です。
口内炎は口の中の病気なので、歯医者さんでも診療を受けることが可能です。
歯医者さんで行っている口内炎治療について調べてみました。