口内炎は歯医者さんでも治せる!

>

どうして口内炎になるの?

最も多いアフタ性口内炎

アフタ性口内炎とは、縁が赤く、内側が白く、少しくぼんだ形の2~10㎜程のできもの(腫瘍)が発生する口内炎です、
最も多くみられる口内炎で、原因ははっきりとはわかっていませんが、ストレスや疲れ、睡眠不足などから起こる免疫力の低下やビタミンB2群の欠乏等により起こることが多いようです。
頬や唇の内側、歯茎や舌と、口腔内のいろんな場所に現れるので、飲食の時に痛みを伴うようになります。
通常ですと10~2週間ほどで自然に消えますが、なかなか治らなかったり、腫瘍の範囲が広いときなどは病院でしっかりと診察してもらうようにしましょう。
市販の薬が原因であったり、何度も頻繁に再発する様な場合、ベーチェット病(全身性炎症疾患)等他の病気の一症状であることも考えられます。

物理的な刺激で発症することも

入れ歯や矯正器具が、常時当たる箇所が傷ついたり、頬の内側を噛んでしまったりと、物理的な要因で傷が付き、細菌が繁殖してしまって起こるのがカタル性口内炎です。
口の中の粘膜が赤く膨れたり、水泡ができたりします。
唾液の量が増えて口臭が気になるようになったり、口の中が厚く感じることがあります。
味覚がわかりにくくなることもあるようです。

また、ウィルスや細菌感染により起こる口内炎もあります。
水疱瘡を引き起こすヘルペスウィルスに感染し発症するヘルペス性口内炎やカビの一種であるカンジダ菌によるカンジダ性口内炎は等はウィルス性口内炎と言われ、口腔内の粘膜に小水疱を生じさせます。
これが破れると口の中にびらん(ただれてしまうこと)を作ってしまい、発熱することもあります。
重篤になると入院治療が必要になることがあるようです。