口内炎は歯医者さんでも治せる!

>

口内炎ができてしまったら

口内炎の治療方法

口内炎の治療は、主に炎症の状態を軽減させる方法がとられます。
抗炎症作用や抗アレルギー作用が認められるステロイド剤を含む塗り薬を使うことで、生活面での不快感を軽減し、患部の治癒を促進するわけです。
原因がはっきりしているウィルス系の口内炎の場合は、抗菌剤やウィルスの繁殖を抑える薬を使います。
口内炎は、気になってしまうと一刻も早く改善させたいため、市販薬で治療を試みる方も多いですが、自分が悩まされている口内炎がアフタ性なのか、カタル性なのか、あるいはウィルス性なのかによっても治療方法が異なります。
早めに医療機関を受診することが早期治癒のポイントでもあります。
歯科医院、耳鼻咽喉科、内科、皮膚科、いろんなところで受診が可能です。

歯医者さんでできる口内炎治療

口の中の治療といえば、歯医者さんが身近という方も多いでしょう。
虫歯の治療や定期健診などのために通院していれば予約を入れやすいということもあります。
もちろん、歯医者さんで口内炎の治療も可能です。
医院によっては、虫歯や歯周病に使用されているレーザーを使った治療を行う場合があります。
レーザーには炎症を抑え、痛みを和らげたり、出血を防いだりする効果が期待できます。
口内炎の患部に照射することで、しみる症状や痛みを軽くすることができるというわけです。
レーザーが当たっている間、少しピリピリと感じることはありますが、殆ど苦痛を感じるようなことはありません。
治りも早いと言われています。
ただし、保険適用範囲の治療ではないので自費治療になります。